今やいろいろなダイエット法があり、多くの方が何種類かのダイエットを試してみたことでしょう。

もちろん、効果のあるもの、それほど効果がないものもありますし、リバウンドでダイエットを始める前よりも太ってしまった、という方もいるのではないでしょうか。

また、ダイエットで体重は減ったものの、バストが減って肝心のお腹周りはぽっこり出たままという人もいるでしょう。

ダイエットをするのは体重を減らすためではあるのでしょうが、本当はそうではなくて美しいスタイルになりたいというのが一番でしょう。

ですので、ただ体重が減るだけでスタイルが悪くなるのはむしろ失敗と言えるかもしれません。

そういった方にオススメのダイエットが骨盤ダイエットです。

言いかえれば骨盤矯正する方法ということになります。

私たちは普段の生活で、徐々に骨盤が歪んできていることが多いのです。骨盤が歪むと、骨盤に包まれていた内臓の位置がずれてしまい、内臓機能が正常に働かなくなってしまいます。

それにより血行不良、便秘、生理不順などを引き起こすのです。代謝機能が低下することで脂肪がつきやすく、ぽっこりお腹や下半身太りになってしまいます。

よく歳をとると痩せにくくなった、という話をよく耳にしますが、それは骨盤の歪みからくるのかもしれません。

骨盤ダイエットは、まさにその歪んだ骨盤を矯正することで、代謝機能のアップ、デトックス効果、血液の流れをよくして健康的に痩せるという方法なのです。

骨盤ダイエットは、ダイエットとはいうものの、食事制限をしたり、キツイ運動をするわけではありません。

やり方はたくさんありますが、毎日数分の簡単な体操をおこなうだけですので、誰でも始められますし、他のダイエットのようにキツイものでもないので、続けやすいというメリットもあります。そして食事制限をするわけではありませんので、リバウンドすることもないのです。

ただやり方を間違えると、逆に骨盤の歪みを悪化させてしまうこともあるので、正しい知識をもって臨みましょう。

骨盤ダイエットとは

今やダイエット法はいろいろあり、実際に何種類ものダイエットにチャレンジした人も多いのではないでしょうか。

その中で、話題となっているオススメのダイエット法が骨盤ダイエットです。

骨盤ダイエットというのは、一般的なダイエット法のように、食事制限をしたり、キツイ運動をしてカロリー調整するという方法ではありません。

骨盤ダイエットは、骨盤の歪みを正常に戻すことでダイエットするという方法なのです。

骨盤の歪みを矯正しただけで痩せるわけがない、と思う人もいるのではないでしょうか。

ですが、骨盤が歪んでしまうと血液の流れやリンパの流れが悪くなり基礎代謝が低下するので、脂肪を燃焼しづらくなってしまうのです。

また、骨盤の歪みにより内臓の働きも悪くなるので、便秘、宿便にもなりやすくなってしまいます。

そのため、骨盤を矯正するだけで脂肪を貯め込まず燃焼させ、宿便もなくなるのでダイエットになるというわけです。

別に自分は骨盤は歪んでいないから、やっても効果がない、という方もいるかもしれません。

ですが、仕事や私生活、普段の過ごし方などによって、多くの方は骨盤が少なからず歪んでしまっているのです。

特に女性は出産で大きく骨盤が広がったり歪んだりするものです。

そして骨盤ダイエットは痩せるためだけではなく、健康維持のための効果も高いです。

特に太っていない、という方でも骨盤が歪んでいると病気になりやすくなってしまいます。太っている方はもちろん、健康に生活していくためにも骨盤矯正してみるといいでしょう。

骨盤ダイエットのやり方

骨盤ダイエットを試してみたいが、実際どうやったらいいかわからなくてなかなか始められない、という方もいるのではないでしょうか。

実は骨盤ダイエットといっても、いろいろなやり方があり、ひとつではないのです。

基本的なやり方としては、まず両足を肩幅に広げ、両手を腰にあてて膝を曲げずに腰だけ(骨盤だけ)を大きくゆっくり時計回りに回転させます。

これを10回。

そしてそのやり方で逆回り10回させます。

そして今度は両手を腰にあてたまま、膝・背中は伸ばしたままで前にゆっくりと下げられるところまで上体を倒していき、ゆっくり戻す。

今度は後ろのそのままゆっくり反れるところまで反り、ゆっくり元に戻します。

これを10回。

今度は両手は腰ではなく太ももの付け根にあて、最初同様時計回りに回転させます。

今回はただゆっくりまわすのではなく、右前にむかって骨盤を押し出すようにおこないます。

これも10回したら逆回しで、今度は骨盤を左前に押し出すようにします。これで一通りの基本動作は終わりです。

この他にも、寝ながらやる骨盤ダイエット、道具を用いた骨盤ダイエットもありますし、骨盤矯正とともに、これ以上骨盤を歪ませないような日常生活の過ごし方などもあります。

どのような方法でもいいですが、正しいやり方でしないと、逆に骨盤の歪みが悪化してしまう可能性があります。

今はインターネット動画でもいろいろな骨盤ダイエットのやり方が載っているので、それを見ながら行えば失敗は少ないでしょう。

骨盤ダイエットの注意点

骨盤ダイエットは、苦しい食事制限もキツイ運動も必要なくダイエットできる方法です。

そして太りにくい体質に改善できるので、リバウンドもないというのもメリットでしょう。

ただ、こんなにメリットがある骨盤ダイエットですが、注意しなければいけない点がいくつかあります。

まずは、即効性です。一般的なダイエット法だとカロリー調整をしてダイエットするので、ある程度までは簡単に体重を減らす事ができダイエット効果がわかりやすいです。

ですが、骨盤ダイエットは、まずは骨盤の歪みを正常に戻すこと大前提であり、それにより代謝機能、内臓の働きが良くなるなど体質が変わってから効果が表れるものです。

そのため、骨盤ダイエットを始めてからすぐには効果が表れない、ということも多々あります。

それにより骨盤ダイエットは、効果がない、と思って1~2ヶ月程度でやめてしまう場合もあるのです。

骨盤ダイエットは徐々に痩せていくという方法ですから、短期間でやめてしまっては本当に効果ありません。

また、骨盤ダイエットはやり方を間違えると、逆効果になってしまうこともあるのです。

特に身体の硬い人がこのトレーニングをおこなうと、思うように身体が曲げられず、無理をすると筋を痛めてしまうことにもなりかねません。

ついつい、効果を上げようと無理に身体を動かしてしまいがちです。骨盤矯正をするつもりが怪我をしてしまっては元も子もありません。

そのため、無理をしない範囲でおこなうといいでしょう。

骨盤の歪みが引き起こす病気・症状

普段の生活によって徐々に骨盤がゆがんでしまうことが多々あります。

「骨盤が歪んでも歩けなくなるわけではないし別に支障はないのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。

確かに、骨盤が激しく歪んでしまわない限りは、日常生活にはほとんど支障がないように思う人もいるでしょう。

また、人によっては骨盤がゆがんでいることにすら全く気がつかない方もいます。

ですが、気がつかないような骨盤の歪みでも、いろいろと病気や何らかの症状を引き起こしてしまうのです。

骨盤は臓器を守るためにあるもので、特に女性は大切な子宮や卵巣が骨盤により守られているのです。

骨盤がゆがんでしまうと、守っていたはずの骨盤が今度は子宮や卵巣を圧迫するようになってしまうのです。

それによりホルモンバランスが乱れてしまい、生理不順、酷い生理痛になってしまうこともあります。

また、不妊症も骨盤の歪みが原因で引き起こされる可能性があるのです。

また、骨盤がゆがむと大腸などの動きも悪くなります。そうなると便秘になってしまう事もあります。

便秘からくる肌荒れを引き起こす事もあります。

そして、骨盤がゆがむと血液の流れやリンパの流れが悪くなってしまい、新陳代謝が悪くなります。

これにより、冷え性を引き起こしてしまいます。

また、骨盤の歪みは内臓機能の低下だけでなく、骨や筋肉にも影響を与えるのです。

骨盤は背骨ともつながっていますし、足ともつながっています。

骨盤が歪むことで背骨にも負担がかかり、首痛や腰痛を引き起こします。

また、X脚やO脚の原因も骨盤の歪みから来る可能性も高いのです。

そしてX脚やO脚は、膝や足の筋肉にも負担をかけることになります。

直接的な影響ではないにしても、冷え性や肥満により重篤な病気を引き起こす可能性もあるのです。

骨盤の歪みチェック法

骨盤は歪んでいても、重症でなければ日常生活に支障が出ることはまずありません。

そのため、骨盤が歪んでいても気がつかない人もいるのです。

自分の骨盤が歪んでいるかどうかを簡単にチェックする方法があるので、自分は骨盤が歪んでいるのか、また歪んでいるとしたらどのように歪んでいるのかを見極め、骨盤ダイエットに役立ててみるといいでしょう。

骨盤のねじれのチェック法ですが、まず、仰向けになって両足を肩幅くらいに開きます。

その状態で骨盤の高いところと床の高さを左右で比べてみます。もし左側が高いという方は右側に骨盤がねじれているということになるのです。

骨盤の左右の高さによる歪みをチェックするには、正座して背筋を伸ばし肋骨の一番下から骨盤までの距離を測ります。

左側が高ければ右側に骨盤が傾いていることになります。

骨盤の歪みとしては骨盤の開きもあります。骨盤の開きをチェックする方法としては、鏡の前に足を伸ばして座ります。

そして力を抜いた状態で足のひらをみます。

どちらかが大きく開いているようならその方向に骨盤が開いていることになります。

その開きも80~90°くらいがベストでいくら左右の開きが同じでも開きすぎもよくありません。

骨盤ダイエットは基本的に骨盤の歪みを解消させることが目的となります。

そのため、ダイエット効果はすぐに表れるものではありません。

そのため、効果がないとやめてしまう人もいます。

そのため、骨盤の歪みが解消されているのかをチェックしてみれば、骨盤ダイエットの効果もわかり続けやすいでしょう。

サロンでも骨盤ダイエットできる

骨盤ダイエットは自宅で短時間でできるダイエット法で、いろいろなやり方があり、道具も使わずに今すぐできる方法もある等、手軽なのがメリットのひとつです。

とはいうものの、骨盤ははっきりと目に見えるものではありませんし、どのように歪んでいて、骨盤ダイエットでどれくらいの効果が出ているのかもわかりづらいところです。

しかも手軽で簡単とはいうものの、やはりやり方を間違えれば、逆に骨盤が歪んでしまう危険性もありますし、筋などを傷めてしまう原因にもなりかねませんので、正しい知識とやり方で行う必要があるのです。

実は骨盤ダイエットは自分で自宅でやる以外にもサロンで施術を受けるという方法があります。

サロンで骨盤ダイエットを受けるメリットは、正しい知識で行ってもらえるので失敗しづらく確実に骨盤矯正できるという点でしょう。

そして正しいやり方でおこなうわけですから、骨盤矯正もダイエット効果も早く分かりやすいのもメリットです。

また、正しいやり方や知識を知れば、それを元にして自宅でもできるのです。

ただ、骨盤ダイエット、骨盤矯正をおこなうサロンや整体は非常に多いです。

もちろん全てとはいいませんが、中には知識も技術も未熟なところもあるかもしれません。

無理な矯正によって身体に不調をきたしてしまうなんてことも起こりえますし、施術費用が高額になってしまうこともあります。

そのため、しっかりと骨盤ダイエットをおこなうサロンの見極めは必要になるでしょう。

骨盤がゆがんでしまう原因

骨盤が歪んでいる、と聞くと「自分には関係のないことだ」と思う方も少なからずいるのではないでしょうか。

実際、身体にたいした不調がなければ骨盤が歪んでいるなんて思わないでしょう。

そして、骨盤が歪むような原因は何もないから大丈夫、と思っている人もいるのではないでしょうか。

実際、骨盤がゆがんでしまう原因としては、女性の場合は妊娠・出産により骨盤がゆがんでしまうこともありますし、それ以外の人でも交通事故などのように身体に強い衝撃を受けるとゆがんでしまうこともあります。

ですが骨盤がゆがんでしまう原因は普段の生活の中でいろいろあるものなのです。

まず一番考えられるのが姿勢です。姿勢が悪いことで骨盤がゆがんでしまうのです。

例えば、椅子に座っている時に足を組んでいる方、直立している時にはどちらか一方の足にだけ重心をかけている場合、または荷物を持つ時に右・左どちらか一方で持つ事が多い、なんて時にも骨盤がゆがんでしまう可能性があるのです。

また、寝ている向きによっても変わるのです。

もちろん、一度や二度、そういった事をしたくらいで骨盤は歪みませんが、それを毎日継続しているとどうしてもどちらかにだけ負担がかかってしまうので、骨盤が次第に歪んでしまうというわけなのです。

直立した時にどちらか一方に重心をかける癖がある、という方などはもしかするとすでに骨盤がゆがんで足の長さが違っているために、そうなっている可能性があります。

また、骨盤を支えているのは筋肉ですから、運動不足などで筋肉が衰えることでも骨盤の安定感がなくなり歪みやすくなるので注意しましょう。